2019-07-01

遺品整理に関する豆知識

マメ知識

思い出が蘇る遺品整理は、悲しくなってしまうので避けたいという方も少なくないでしょう。最近では、遺品整理を代行する業者も増えていますので相談料金の見積もりを行って、心身に負担にならないよう上手に始めることが大切です。

遺品整理を始めるタイミング

故人が大切にしていたアイテムや、家族にとっても思い出の品となる遺品。そんな大切なアイテムは、なかなか片付けられないという方も多いでしょう。遺品整理は焦らずに取り組むことが大切です。

しばらくの間は、葬儀などで忙しく時間があっという間に過ぎていきますので、心が休まる時間もないでしょう。遺品整理は、気持ちが落ち着いて遺品を手にとれる余裕が出てきてからで良いのです。一般的には、全ての法事が終了する49日を過ぎてからゆっくりと遺品整理を始めるという方が多いです。

上手な遺品整理

遺品整理を始めると、衣類や家電をはじめ故人が趣味で集めていた芸術品、ブランドアイテムなどが出てくるものです。これらをただ処分するのではなく、利用できるものは不用品回収などを利用してリサイクルに出すのも良いと思います。

処分するもの、残しておくものをしっかりと見極めることが大切です。また、故人の遺書などがあれば意に沿った遺品整理をしてあげると良いでしょう。

持ち家と賃貸における遺品整理の違い

持ち家における遺品整理と賃貸における遺品整理では、様々な違いがあります。持ち家の場合は、遺品整理を急いで始める必要がありませんので気持ちに余裕を持って取り組めます。

しかし賃貸住宅では、すぐに引越をしなければならない場合もあります。また、カギの返却や光熱費の精算など、なかなか気持ちが休まれないこともあるでしょう。このようなことを考えて、自身で生前整理をしておくのも良いでしょう。遺族の手だけで行うのが難しい場合は、代行で作業を行ってくれる業者へ依頼する方法もあります。

[関連記事]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お問い合わせ・ご依頼