2019-03-21

孤独死に対する3つの予防策

孤独死

孤独死は増加しています。高齢化社会の大きな問題です。

では、どうしたら孤独死は防げるのでしょうか?

孤独死は日本が抱える社会問題の1つであり、その大半が高齢者という実態もあります。

孤独死は、時間が経ってから発見されるケースも珍しくなく特殊清掃や遺品整理などを行う必要があります。孤独死の予防策としての活動やサービスを上手に利用することで、家族や地域の高齢者を守ることができます。

地域ぐるみの見守り

少子高齢化社会の進む日本では、一人暮らしの高齢者世帯が増えています。そのため、孤独死は社会問題にもなっており地域で様々な予防策が打ち出されています。

近所同士で、しばらく姿が見えないことや新聞が取られていない、牛乳がそのまま放置されているなど普段とは様子が違うことを察知してあげられるようにすることが大切です。

地方では、横の繋がりが強いこともあり近所同士の近況を把握しているということも多いのですが、都市部になると近所付き合いも薄れ高齢者がますます孤独な環境になってしまいがちです。

ヘルパーや民生員の活用

確実な安否確認に繋げるのであれば、ヘルパーや民生員の巡回を活用すると良いでしょう。一人では難しい部屋の片付けをお願いしたり、食事の準備をお願いすることができるのはもちろん、自宅に訪問してもらうことが何よりも確実な安否確認になります。

また、体調不良などを事前に確認することができますので、症状が悪化する前に病院で診察を受けるなど早期の対処に繋げることができます。

便利な遠隔見守りサービス

家族と離れて暮らしている高齢者にとって、すぐに助けを呼ぶことができないというのは大きな不安要素になります。そんな環境をサポートするために、最近では遠隔地での見守りサポートサービスを提供する企業も増えています。

カメラや携帯など、様々な手段で離れた家族へ状況を知らせたり簡単な操作で緊急通報をすることができる安心のシステムもあります。

IT技術の進化が、少子高齢化社会をサポートしているとも言えるでしょう。簡単な機械を設置するだけでサービスを利用できたり、携帯で利用できるものもありますので、アパートやマンションなどの集合住宅にお住まいの方でも気軽に利用できます。

[関連記事]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お問い合わせ・ご依頼