2018-07-05

ゴミ屋敷化を未然に防ごう

ゴミ屋敷掃除

ゴミ屋敷を片付けるのは重労働です。

ゴミ屋敷を防ぐことができればよいのですが。ゴミ屋敷は自身だけの問題ではなく、近所の住人に対しても様々な悪影響を及ぼします。

国土交通省よるごみ屋敷の定義は「病害虫の発生や悪臭など、既に社会的な問題となっていたり、周辺住民から何らかの苦情等が寄せられているものなど」です。

静岡県ではまだのようですが、東京都足立区や大阪市等では「ゴミ屋敷条例」をすでに制定しています。ゴミ屋敷条例があれば自治体がゴミの強制撤去をする事が可能になります。

2009年の国土交通省による調査によると、全国の250もの市区町村でゴミ屋敷が確認されました。

ゴミ屋敷化の要因は、精神疾患や認知症、通常の生活を行う意欲や能力を失ったセルフネグレクトなどが考えられます。核家族化、高齢化の進行によってますますゴミ屋敷の増加が懸念されています。

しかし、私たちの日頃の小さな心掛けでゴミ屋敷化を防ぐことができます。片付け掃除が面倒で嫌いという方にもお試しいただければ幸いです。

部屋中が、まるでゴミ捨て場のような空間になってしまうゴミ屋敷。私たちは日常生活の中で、毎日のようにゴミを排出します。そのため、ゴミ屋敷は誰しも無関係な問題ではないと言えます。

不用品を捨てずに溜め込んでしまったり、ゴミ処理を怠ることがゴミ屋敷を作っていきます。片付けや不用品の撤去は、快適な生活空間を作り出すためにも大切なことです。

ゴミ屋敷化を防ぐコツ

ゴミ屋敷化を防ぐためには、日頃からの細かい努力の継続が必要になります。当たり前のように思えることでも、怠ってしまうとゴミ屋敷化することを頭に入れ実行してみましょう。

こまめなゴミ捨て

ゴミ収集日にゴミを出すのが面倒と感じている方は少なくありません。しかし、ゴミ出しをしなくなると家の中にゴミがある環境が当たり前のようになってしまいます。少し面倒であっても、近所迷惑にならず衛生的な空間を作るためにしっかりと処分するようにしましょう。

いる物・いらない物の分別

不用な物と分かっていても、なかなか捨てられないというのもゴミ屋敷を生む原因の1つです。「まだ使えるから捨てられない」という場合には、リサイクルなどを上手に利用しましょう。他の誰かにとっては必要なアイテムとなるかもしれません。

片付ける習慣

部屋を片付ける習慣を身につけることは、ゴミ屋敷化を防ぐ最大のコツとも言えます。使った物を元の場所に戻したり、しばらく使わない物は収納したりなど、常にキレイな状態を保つよう心掛けるだけでゴミ屋敷化を防ぐことができます。

掃除と整理整頓をこまめに行えば、キレイになるだけではなく衛生面においても、安心して暮らせる空間作りができます。

[関連記事]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お問い合わせ・ご依頼